サイトのロゴ

記事作成代行業者のタイプと選び方

価格についてのイラスト

記事作成代行業者のタイプと選び方

記事作成代行って?

自社のサイトやブログ、コラムなど、Webでの情報発信は経営の要でもある昨今。
とはいえ、「実務が忙しくて手が回らない」「従業員にライティングや編集スキルを育成するのは時間もコストもかかる」という事業者様も少なくはありません。

そんな時には記事作成代行サービスに依頼することをおすすめします。

その理由は以下の通りです。

・本業に専念できる。

・コンテンツマーケティングの負担軽減。

・「書く」プロに頼むことでサイトの資産性を高める。

・更新頻度が安定する。

記事作成代行サービスと一口に言っても業者ごとに特徴が異なるため、今回はタイプと選び方についてご説明いたします。
ご自身の目的や予算に合わせて、利用しやすい業者を選ぶようにしてくださいね。

 

「ライティング専門業者」と「クラウドソーシング」

記事作成代行サービスは大きく「クラウドソーシング」と「ライティング専門業者」の2種類に分けることができます。

 

ライティング専門業者とは?

「書くこと」に特化しており、ディレクター、ライター、SEOコンサルティング担当者などがワンチームで記事作成を行います。
またはフリーランスの専門業者であれば、上記した職務をひとりで行います。

メリット

ライティング専門業者の利点は、もちろんその専門性の高さにあります。

SEO対策は最低6ヶ月間〜の長期スパンでサイト構築を行います。
そのため、キーワード選定から記事作成、記事掲載後の解析まで「丸っと依頼」できる専門業者は頼もしい存在。

デメリット

記事作成以外にもSEO対策に関する諸々の作業が含まれるため、自ずと高額になる点がデメリットと言えるでしょう。
予算があまりかけられない場合などにおいては、利用が難しいでしょう。

 

クラウドソーシングとは?

クラウドソーシングとは本来、不特定多数の人の寄与を募り、求めているサービスやコンテンツを取得するプロセスのこと。
ライティングという業務はこういったアウトソーシングサービスと相性がよく、Web上にはライターを募る求人広告がとても多く見られます。

メリット

比較的費用を抑えつつ、短期間で記事が納品されます。

デメリット

不特定多数のライターから、依頼内容に適したライターをご自身や自社で選考しなくてはなりません。
根本的にクラウドソーシングサービスは「外注する作業手」。
「頼まれたこと以外はしない」のが基本なので、作業依頼や企画などはすべて自社で行う必要があります。

また、ライターの質も千差万別。必ず良い記事を書いてくれるとは限らないので注意が必要です。

 

SEO対策に強い業者を選ぶ

ライティング専門業者であればSEOに関する知識は必須であるため、ほとんど心配はありませんが、クラウドソーシングで依頼する場合は特に注意が必要です。

単に記事作成するだけでなく、検索エンジンの上位表示を目指せる、SEOの知識があるかを事前に確認するようにしてください。

 

まとめ

料金やクオリティだけでなく、文章を作成する上ではライターとの相性も大切です。

記事代行サービスは社内リソースの最適化だけでなく、外注することで自社のWebマーケティングを活性化させることにもつながります。

自社やご自身の伝えたいことをしっかりと発信してくれる代行業者を見つけてくださいね。